toggle
2017-03-05

ラーメンと日本酒の意外な関係

―なぜ秋鹿をお店に置こうと?

以前からすごい好きなお酒だったんですが、何も知らないままで置きたくなかったんです。それで、まずは知ることが始めようと。お手伝いをさせてくださいと秋鹿酒造の社長に直談判をして、それが認められ、米作りからお手伝いさせてもらいました。と言っても、草抜きとかですけどね。それで、1〜2ヶ月に一回は行かせていただいて、お米からお酒ができあがるまでをお手伝いさせてもらいました。

秋鹿さんが信条とされている農醸一貫をお手伝いさせていただくことで、お客さんに自信を持ってオススメできると思ったので、お店に置くことにしました。それと、大阪にこんな美味しい日本酒があることをひとりでも多くの方に知ってもらいたいという思いもありました。

―どんな風に楽しんで欲しい?

秋鹿は種類がほんとに豊富なんです。限定酒も多く、その時期しか飲めないものがかなりあります。そういった意味で僕たちはクラフト日本酒だと勝手に思っています。冷酒は体温で温めて、その味の変化を楽しんで欲しいです。もちろん熱燗に向いた種類もあるので、気軽に聞いてもらえるとオススメをお伝えできます。

―ラーメンと日本酒って意外な組み合わせですが?

自分たちは味噌ラーメン屋です。味噌と日本酒は合うと元々思っていました。なぜなら同じ発酵食品同士だから。日本料理にはそもそもお酒が入っていますよね。お味噌を使った料理も日本酒を使うものもあります。そう考えると自分たちがつくる味噌ラーメンと日本酒が合わない訳がないと!

ラーメンのトッピングもお酒を飲みながら楽しんでもらえるように作っていたりします。さっぱりした日本酒には、あっさりのラーメンがおすすめですし、濃い目のラーメンには、コクの有る日本酒がおすすめです。

関連記事