toggle
2016-08-25

物語はここから!大阪人のための白味噌スープと奇跡の麺

「みつか坊主で最初に誕生したのが白味噌ラーメン。関西のお雑煮からイメージして作っています」

―白味噌を使おうと思った理由は?

「大阪の人が一番慣れ親しんでるかなと思ったからです。関西のお雑煮って白味噌なので、京都の白味噌を使ってます。まったり感だけにならないように、長野の米の味噌と北陸の塩分がやや強い味噌とを入れて、調整してます」

―白味噌にはどんな特長がありますか?

「魚介の味を引き出してくれるんですよ。作っているうちに、こってりさせるより、ほんのり甘くて魚をきかせたほうがおもしろそうだなって感じました」

―白味噌ラーメンは、どんなラーメンに近いんですか?

「豚骨ラーメンですね。白味噌ラーメンは豚骨ラーメンが好きな人や、あとは子どもさんにも人気。よく注文してくれるように思います」

IMG_7050
―麺にも工夫が?

「スープが上品なので、細麺にしました。スープを吸いこんでくれるんです。麺とスープが決まったとき『これって奇跡の麺ですね』って池村さん(池村製麺所)と大喜びしましたよ」

―「奇跡の麺」?

「細くて粉っぽい麺がスープを吸ってくれる。ラーメンを食べていくうちに麺からもスープが出て、どんどんおいしくなるんです。最初から計算してたわけじゃなくって、そこにたどり着いた感じです。茹で方のポイントも、今ならわかるんですけど、とにかく初めて作るラーメンだったので試行錯誤で、池村さんも気合が入り過ぎてすっごくいい麺を作ってくれちゃった。ありがたいですよね」

―みつか坊主で最初にできたラーメンと奇跡の麺。まずはおさえておきたいラーメンですね。

「みつか坊主の味噌ラーメンは、白味噌と赤味噌が始まり。白味噌は、なんにでも合うんだけど、その特長がすごく出るので合わせるのは難しい部分もあります。でも、なんといっても最初にできたラーメンだから、僕にとっても思い入れがありますね」

関連記事